有田焼の買取相場を知りたい!査定してもらったところはココ

この記事でわかること
有田焼の買取相場の調べ方

\有田焼の買取相場を調べたサイト/
買取業者のホームページ

・電話でまず問合せ
・出張査定無料
・査定後のキャンセルも無料

査定をしてもらうと相場がわかります。まずは電話で聞いてみるといいと思います。わたしも電話でまず問合せしました。

登場人物(友人関係)
査定未経験者 有田焼の相場を知りたい査定未経験者。
査定経験者 有田焼の買取査定をすでにしてもらった査定経験者。

有田焼の買取をしてもらいたい

自宅の部屋を片付けていると有田焼が出てきました。

父が持っていた有田焼です。

高価な感じはするけど価格はわかりません。今の価値もわかりません。

そして売れるのかもわかりません。

このまま持っておいても部屋は片付きません。今後この有田焼を使う予定もありません。これまで何年も押入れの中にありました。

できたら売りたい。できたらお金にしたいと思っていろいろ調べました。

もう有田焼は使わないんだよね。

断捨離して物も気持ちもスッキリした方がいいよ。

有田焼の買取相場はどのくらいなの?

有田焼の相場が気になります。

調べていくとハッと気付きました。

相場がわかったところで売れるかどうかは別問題です。

これはメルカリを見ていたときに気付きました。

陶磁器の出品はあるもののほとんど売れていません。

相場を知ったところで売れないんです。

これはもはや相場でないのかもしれませんね。

そこで具体的に売れる相場を調べてみました。

相場を知っても売れるかどうかどうかは別問題だね。

そうなんだよ。

有田焼の買取が可能な主な方法

有田焼の買取が可能な方法を調べました。さきほどのメルカリもそのひとつです。

主な方法はこの3つです。

フリマアプリ

メルカリもフリマアプリです。他にもフリマアプリはあります。ラクマもあります。。でもどれも似たような感じです。メルカリが1番有名でユーザーも多いから売れる可能性はあります。しかし実際に見たらほとんど売れていませんでした。

フリマアプリは出品の手間も掛かるんだよ。

意外と面倒なんだよね。

リサイクルショップ

リサイクルショップに売るという方法もあります。しかし有田焼の価値がわかるかというとそうではないところがほとんど。なので買ったときは高価だった有田焼が数十円ということもあります。

これはリサイクルショップに買いに来る客層とも大きく関係しています。リサイクルショップは安くてお得なものを求めて行きます。

考えてみればリサイクルショップってどれも安いのが当たり前だよね。

その通り。物とお金の流れがわかると理由はシンプルだよね。

陶磁器買取専門業者

おすすめは買取専門業者です。しかも陶磁器専門のスタッフがいるところがいいです。いわゆる「目利き(めきき)」です。価値を正確に判断して、お客にそれを伝える能力がある人です。

買取専門業者にはすでに陶磁器を買いたいお客がついています。これがすごく大事。

物とお金の流れがスムーズです。

価値あるものを、価値ある人が判断して、価値を欲しい人に販売する流れです。

いいものを、いいと判断して、いいものを欲しい人に届ける仕組みです。

陶磁器買取専門業者に価値を判断して欲しい。

わたしもそう思って陶磁器買取専門業者に査定してもらったんだ。

どこに査定してもらったの?

ここだよ。

\陶磁器買取専門業者/
買取業者のホームページ

有田焼の買取査定でチェックされる付属品

有田焼そのものの価値も見るんだけど付属品も大事だよ。

付属品って何?

買取査定のときに見てもらうのは有田焼がもちろんメインですがその他のものも査定に影響します。

この3つが主な付属品です。

箱がある場合は箱も一緒に査定してもらいましょう。箱書きと呼ばれるものも大事になってきます。木箱だと期待が膨らみます。期待通りかどうかは査定をしてもらってからのお楽しみです。

セット

急須と湯呑み、盃(さかずき)のセット、皿のセットなどセットものの方が査定額がいい傾向にあります。セットで持っている場合はセットで査定してもらった方がいいです。

説明書

説明書がある場合はそれも見てもらいましょう。栞や鑑定書がある場合も同じです。その紙と有田焼がセットかどうかわからない場合も見てもらうといいです。判断は査定する人にお任せしましょう。

箱を捨てなくてよかった。

箱は大事だよ。でも、箱がなくても査定してもらえるよ。

有田焼の買取をしてもらう前に歴史を知る

有田焼の買取をしてもらう前に歴史を知ろうと思ってこれも調べてみました。

1600年前後

有田は佐賀県にあります。有田焼とは佐賀県の有田周辺地域で焼かれる焼き物です。その歴史は豊臣秀吉の朝鮮出兵に参加して陶工を連れ帰ったことからスタートしました。

江戸時代初期

李参平という陶工が有田で材料の陶石を見つけて磁器の製造が始まります。この陶石の山は現在も場所を確認することができます。この頃の有田焼は今のような鮮やかな色絵ではなく、白磁に青一色の染付のものが主流でした。ここであの有名な酒井田柿右衛門の名前が出てきます。今でも代々続いている名家です。

その後、色絵磁器の製造に成功し、以降は現在のような華やかな作品も多く制作されるようになりました。

江戸時代中期後期

「有田焼」と「伊万里焼」の違いも気になります。江戸時代に有田でつくられた陶磁器が伊万里港から積み出しが行われていたので伊万里焼と呼ばれるようになりました。ヨーロッパで有名なIMARIはこのときの陶磁器です。

ヨーロッパの王様や貴族たちの間で日本の磁器が大流行しました。佐賀県の伊万里港から東インド会社によって運ばれた日本の陶磁器はある時代のワインのようにステイタスになっていきました。そこで莫大な富がつぎ込まれるようになりました。ヨーロッパには今でも伊万里焼のコレクションが残っています。

明治大正昭和

船での運輸の時代から鉄道の運輸の時代になり、次第に伊万里港からの出荷は少なくなり、有田駅から出荷されるようになりました。自動車での運輸もこの頃から始まります。そうなると伊万里焼ではなく有田焼と呼ばれるようになりました。

現在

有田焼の食器は美術工芸品としての人気は高いまま続いています。毎年ゴールデンウィークに有田で開催される有田陶器市には1週間で100万人以上が訪れます。ここで掘り出し物を見つけようとリュックを背負って買物する風景が風物詩となっています。

有田焼の歴史がわかった。

歴史っておもしろいよね。

有田焼買取のよくある質問

有田焼買取で経験したことをよく聞かれるのでこちらにまとめました。

Q:使用済みの有田焼でも買い取りしてもらえるの?

A:価値は下がるかもしれません。しかし価値があるものは下がったところで少しです。そして価値は査定してもらわないとわかりません。使用済みでも査定してもらった方がいいです。

Q:有田焼の作家って誰?

A:こんな人たちが有名です。

・酒井田柿右衛門
・今泉今右衛門
・源右衛門

有名じゃなくても査定は可能です。

Q:作家ものかどうか不明なんですが?

A:作者は誰なのか、制作年代はいつなのか一般人がわからなくて当然です。詳細が不明なものこそ専門のスタッフが査定してくれます。むしろ、わからないからこそ査定してもらった方がいいでしょう。

Q:骨董なのか新品なのか?わかりません。

A:見せてみないとわかりません。専門の査定スタッフが見極めてくれます。素人が考えてもわかりません。とりあえず電話して聞いてみるといいです。

Q:近所に陶磁器の買取業者がない場合は?

A:都会じゃないと専門店は少ないかもしれません。しかし見つけたところは日本全国へ出張査定しています。出張査定は無料でした。しかも査定金額がわかったあとでキャンセルするのも無料だとサイトに書いてありました。安心ですね。

有田焼の買取はまずは無料査定がおすすめ

査定してもらおうと思った3つのポイントはこちらです。

・無料出張査定
・査定後のキャンセル無料
・即日現金払い

陶磁器の価値を知っている専門スタッフというのも大きなプラスポイントでした。

有田焼の買取で無料出張査定してもらったところ

実際に有田焼の買取で無料出張査定してもらったところはこちらです。

電話と問合せフォームのどちらかから始まります。

問合せフォームも査定してもらう場合は電話が掛かってくると思います。

急いでいる人や、早く査定日程を決めたい人は電話がいいと思います。

\電話は24時間対応/
買取業者のホームページ

さっそく電話してみるよ。

査定額が楽しみだね。

価値をしっかり見てくれる陶磁器専門の買取業者が見つかってよかった。

タイトルとURLをコピーしました